学生ローン情報局

学生ローンMoa


学生ローンや消費者金融での借り入れが何件もある場合は、おまとめローンの利用も考える必要があります。
その理由の詳細は学生ローン乗り換え案内にありますが、毎月掛かる振り込み手数料が例えば5件と1件とでは大きく違いますし、掛かる時間的なロスも含めると大きな損失です。
返済が長期に亘ればなおさらです。
おまとめローンを一考してみてはいかがでしょうか。

学生ローンのホームページを探していると、比較サイトがとにかく目立ちます。
これはアフリエイトプログラムというシステムを使った、小遣い稼ぎのサイトなのですが、注意しなければならない点があります。
学生ローン・キャッシング情報局で詳しい説明がありますが、一括申し込みと個人情報の取り扱いについて注意しなければいけません。
一括申し込みをすると、1回しか申し込みをしていないつもりが、実はアフリエイト参加企業各社に申し込み内容が一斉に送信されるので、それを受け取った貸金業者は信用情報を照会します。
これが一度に5社も6社もやるわけですから、1日で5件も6件も申し込みをしているようなになってしまい、結局借りられなくなってしまうわけです。
また、アフリエイトサイト運営者は、貸金業法や個人情報保護法等を知らずにサイト運営している人も多くいます。
大切な個人情報を相手がどんな人間かもわからないのに委ねてしまうのはかなり危険です。
もしアフリエイトサイトを利用する場合、運営者情報などを見て会社組織で運営されているものか、それとも個人で運営されているものなのかをチェックした方が良いでしょう。プライバシーポリシー等のページが儲けられていればベターです。

学生ローンの金融システムについてよく理解していると得をする場合があります。
例えば支払いが帯納した場合、延滞利息が適用され、通常利息よりも高くなってしまったり、親と同居の場合は督促状を送られると困るというケースもあります。
このような場合の裏技として、支払日がきたら10円でも100円でも構わないので、いくらか入金してしまえば良いのです。
そうするとどうなるかというと、金融システムの設計上、たとえ10円でも100円でも入金があれば次回日が翌月となり、延滞利息と督促状の発送を回避することができるのです。
二つ注意しなければならないのがありますが、一つ目は必ず支払日が過ぎた翌日あたりのタイミングが重要なのです。
支払日前ですと不足金の関係で次回支払日が翌月に移動せず、結局延滞となってしまい、送金料だけが無駄になってしまいます。
もう一つは多用しないことです。
あまり多用すると必ず見抜かれてしまい、督促の対象となってしまいます。


学生ローン情報局