学生ローン情報局

学生ローンの分析


■学生ローンの融資枠
学生ローンの利用限度枠の設定に少なからず疑問を持ったことがある人は多いのではないでしょうか。
特に友人が同じ学生ローン会社で利用がある場合等、条件はほぼ同一なのに枠にかなりの開きがある・・・ということがあります。
学生ローンでキャッシングでは、融資枠設定の仕組みを詳細に分析していますので、参考になるかもしれません。
また、学生ローン研究所ではかなり情報を収集し、データをまとめて公開していますのでこちらもあわせて参照下さい。
要点を簡単にまとめると、学生ローンの与信枠を決定付ける要素は他社の借り入れ状況はもちろん、アルバイトの継続期間、固定電話の有無、居住地の形態等、いくつかポイントはあるようですが、実際的には貸付担当者の力量と貸付に関連する知識量によって、枠の違いが発生するもの推測しています。

■貸付の力量
貸付の力量とは経験と豊かな知識を兼ね備えたことを言います。
経験とは貸付そのものの経験もそうですが、回収業務の経験も実は重要なのです。
中には女性従業員などで、窓口業務しかやらず、回収はもっぱら男性の仕事というローン会社もありますが、回収業務をやらないとどういうパターンが回収の段階で苦労するかがわからないので、貸付の与信枠判断に影響が出るのです。


学生ローンごとのサービス
学生ローンの激戦区と言われる高田馬場では、様々な商品やサービスが展開されています。
そのことは激!学生ローンを見ればよく伝わってきます。
中でも学生ローンには友人を紹介すると「紹介料」として、キャッシュバックサービスがありますが、場合によっては5千円も貰えることもあります。
また、キャンペーン等によっては数万円もの高額商品が貰える場合もあり、言葉は悪いですが金品で釣るという手法が目につきます。
学生ローンの歴史では、こういった過剰サービスに疑問を投げかけ、むしろ精神的なサービスが重要ではないかと主張しています。
確かに昔と今では、サービスの内容や質に大きな変化が生じていることを実感します。


学生ローン情報局