学生ローン情報局
 
学生ローン情報局TOP
学生ローンの商品と種類
学生ローンの仕組み
保護者から見た学生ローン
学生ローン分析
学生ローンの回収業務
学生ローン・Moa
学生ローン情報局-携帯版
      
学生ローンの分析
学生ローンの貸付基準
学生ローンの貸付における限度枠の基準がかなり曖昧であることは、利用経験者なら感じたことがあるかもしれない。
事実、友達同士で店頭申し込みをし、枠が違ったという話はよくあることなのだ。1人で申し込みをした場合はなかなか気付かないかもしれないが、このような疑問を持つ学生ローン利用者にはかなりいる。
学生ローンでキャッシングというサイトでは学生ローンの融資限度枠の設定基準について触れており、学生ローン研究所ではさらに突っ込んだ情報を提供しているので参照されたい。
要は限度枠を決定する要素はいくつかあり、他社の借り入れ状況はもちろんだが、固定電話の有無や自宅の形態(持ち家か借家か、また居住年数など)、アルバイトの継続期間等がポイントとなるようだ。
しかし、一概に上記サイトの主張するポイントだけでは説明のつかない部分もあるのも事実だ。
これは推測なのだが、貸付を担当する社員の力量や気分なども影響があるのではないかと思う。
貸付の力量
力量というのは、貸付経験の長さや、知識の豊かさである。
貸付経験の浅い者と経験豊かな者では、当然判断が異なる。
一方では良しと判断したものが、一方では不可と判断する場合もあるのだ。
貸付の力量は貸付経験だけに留まらない。
回収業務も必須となる。
これは債権ごとのパターンにより、貸し倒れリスクの高いものとそうでないものを見極めるのに必要となるのだ。
貸付のみ担当し、回収業務はまったくやらないのでは、どういうパターンが回収の段階でややこしくなるかの判断ができず、飛車抜きで将棋を差しているのに等しい。

学生ローン会社ごとのサービス
高田馬場には学生ローンが密集している有名な街だが、この地区の学生ローンは営業サービスに余念を許さない。
やはり激戦区なのだろう。それは激!学生ローンを見れば一目瞭然だ。
様々なサービスを展開する中、驚くべきは友人を紹介すると貰える「紹介料」だ。最大で5千円ものキャッシュバックがある。
また、キャンペーンによっては数万円相当の景品を用意する業者もめずらしくない。
学生ローンの歴史では、顧客サービスは金品によるものと精神的なサービスがあり、後者の方が重要ではないかと主張する。
話はそれるが、昔は近所同士で近くの銭湯に行ったり、マンガを貸あったりというのは当たり前だった。
どこかに遊びに行くのもそうだ。
今のようにいちいち約束を交わすのではなく、アポなしで他人の家に遊びに行ったものだ。
確かに現代社会で失われつといっても過言ではない、精神的なサービスというものは重要かもしれない。